レディースファッションを、ファッション専門の通販で楽しむ

ファッションセンテンス

歴史

rekishi

ファッションの歴史である服飾史を語るのならば、ヨーロッパの歴史が主題として扱われる。
その理由には、服飾史に関する文献の多くがヨーロッパの歴史のみを扱っているためである。
その他の地域、アジア、アメリカ、アフリカなどで着用されてきていた民族的な衣装などは語られない。
当然、日本のファッションに関する記述も非常に少ないといわれている。
事実、数種類の文献を集めてその中の日本に関する記述が12ページしかなかったという言及も有る。

ファッションの歴史を知ることによって、最新鋭のデザインがどこに影響を受けて生まれたのかを知ることが出来る。
ヨーロッパの服飾史を振り返ってみても、過去に行われたことが見直されたりすることで再度流行となることがあった。
その一例として、フランス革命期の半ズボンの例がある。
キュロットと呼ばれる半ズボンが、当時の上流階級である貴族の衣装であり、文化であった。
そしてフランス革命の際、サン・キュロットと呼ばれる半ズボンを履かない下層市民が貴族に対して反発を起こした。
その結果、半ズボンの文化は敵対する貴族の文化だとして粛清されてしまう。
しかしながらその後主導権を握ったナポレオンにより、半ズボンの文化が再度蘇ることになる。
彼は華やかな貴族的スタイルを好んでおり、それにより失った文化がリバイバルしたのである。

このように、ファッションの歴史は繰り返すのである。
また、以前流行していたスタイルはリバイバルの際には時代に合うようリデザインされる特徴がある。
また、以前流行していたスタイルはリバイバルの際には時代に合うようリデザインされる特徴がある。

コーディネート

コーディネートとは、ことさらファッションにおいては服が調和するように組み合わせることを指す。
その組み合わせは、色柄や素材、そして形状などが作用しあって全体の印象を形作っている。
単体で見るとオシャレな服なのに、いざ合わせるとなると合わないと感じることがある。
それは、全体のバランスを考えたコーディネートができていないから起こる現象だといわれる。
それを防ぐためには、軸となる主役を一つ決めて、後はそれを引き立てるためのアイテムを使うと良い。
全体が主役となっては、収拾がつかなくなってしまうのである。

iro

ファッションで失敗しないためのポイントとして重要なのが、色の使い方である。
色を考える際には色相環と呼ばれる色の輪を利用すると理論的に理解できる。
ただし、理論はあくまでも理論であり突き詰めると膨大な情報量となる。

その理論をもう少しシンプルに考えるなら、近い色同士でまとめなければ良いといえる。
その例が、青と緑を組み合わせるようなパターンである。
まとまりが良いとされる手法としては、同色系でまとめると良いといわれる。
また、反対色同士を組み合わせても良い。
さらに、ベースカラーを無彩色にして、アクセントでビビッドカラーを入れる事もできる。
全体の大半を占める色を白や黒など明度だけの色にして、更に赤や黄色など視覚に訴えるワンポイントを入れるのである。
ここで言うビビッドカラーとは、彩度や色相がはっきりした色のことを指す。

新着情報

2013/10/15
雑誌を更新しました
2013/10/15
地域を更新しました
2014/02/19
ナノユニバースを更新しました